景品の販売業者の選び方
2017.06.21

かわいらしいプレゼント歯科で景品の用意をする場合、当然、販売業者を選択していかないといけません。
そして、そこにはちょっとした壁が1つあります。
「販売業者選び」です。
昨今、ガチャガチャの景品を始め、子供用景品を売っている業者が非常に多く存在します。
だからこそ、悩んでしまうわけですが…ここでは、その販売業者の選び方について触れていきます。

■当然値段は大きな選択するためのポイント

景品は無料でプレゼントをするアイテムのため、直接的な利益を上げるものではありません。
間接的に顧客確保を狙うことになるため、可能な限り安く手に入れたい本音があります。
つまり「必要経費であり、必要経費は可能な限り押さえる」というのが経営の基本。
歯科医院も当然同じことが言えます。
結果、景品の販売業者を選択するとき、値段差は大きな選択するための比較要素になってきます。
ただ「安ければよい」というわけではなく、あくまでも「コストパフォーマンス」として値段比較をすることが大切です。

■ロット売りのとき個数など…売ってくれる個数について

歯科の景品を始め、様々な場面で活躍する景品は、ロット売りが基本になります。
小さなおもちゃの場合が多く、バラ売りをしていたら、利益を上げることがなかなか難しいからです。
しかし、購入する側にとっては、必要個数だけ購入できればよいため、ロット売りをされてしまうと、色々と都合が悪いわけです。
そこで、選択するポイントの1つとして、このロット売りされているときに「内容個数がどれくらいあるのか?」をチェックするとよいでしょう。
具体的には、ロット売りはロット売りでも、100個単位だったり、50個単位、10個単位で用意してくれる業者も存在します。
つまり、どれだけ細かい個数でロット売りをしてくれるのか?をチェックするわけです。
中には、バラ売りをしてくれる業者も存在します。
余計な出費を押さえるためにも、細かい発注個数を調整できる業者を選ぶとよいでしょう。

■オリジナル製品に対応してくれる業者か?

完全にオリジナルの景品を作ってくれる業者は少ないですが、ちょっとした要望であれば応えてくれる場合があります。
例えば「景品にお店の名前と電話番号を入れてくれる」「2Dコードを印刷してくれる」などです。
こういった業者は、小回りが効いてワガママを聞いてくれることがあります。
利用者側としては、こちらのほうが臨機応変に対応することができるため、ありがたい存在になります。
結果「オリジナルの景品に対応してくれる業者を選ぶと吉」となるわけです。

▲ ページトップへ